親子で楽しめるイベント・ワークショップの情報を集めました。

おやこイベント.com 

コンクール

「四字熟語人権マンガ」の募集

更新日:

 

「人権」についての作品募集のご紹介です。

(京都市文化市民局共生社会推進室様より掲載依頼をいただきました。)

四字熟語人権マンガ

応募内容
「人権」について,心温まる情景を描いた作品,明るくユーモアあふれる切り口で描いた作品など,四字熟語とマンガで表現した作品

テーマ例:
「LGBT等の性的少数者」,「女性」,「子ども」,「高齢者」,「障害者」,「同和問題」,「外国人」,「職場づくり(ハラスメント等)」,「HIV陽性者等の感染症患者」,「犯罪被害者等」,「刑を終えて更生を目指す人」,「ホームレス」,「インターネットの利用」,「新型コロナウイルス感染症」などに関わる人権課題に関する内容

四字熟語:
故事成語,創作した熟語のいずれでも可
※ 今年度は,「共生社会」を四字熟語に使用した作品も積極的に受け付けます。

応募方法:郵送又はEメール(PDF形式に限る。)

募集期間:令和2年6月8日(月)~9月7日(月)

応募資格:不問

参加費:無料

イベント公式サイトのURL:https://www.city.kyoto.lg.jp/bunshi/page/0000270915.html

主催:京都市

令和元年度京都市長賞受賞作品「遠知周無(とおちしゅうむ)」

 

【賞の内容】
京都市長賞 1点 副賞(賞金5万円又はトラフィカ京カード5万円分,入場券)
優秀賞 3点以内 副賞(賞金1万円又はトラフィカ京カード1万円分,入場券)
佳作 5点以内 副賞(図書カード又はトラフィカ京カード3千円分,入場券)
特別賞「レインボー賞」 1点 副賞(賞金1万円又はトラフィカ京カード1万円分,入場券)
団体賞 2団体以内 賞状及び副賞(図書カード5千円分)
※ レインボー賞は,LGBT等の性的少数者の人権をテーマにした作品の中から優れた作品に授与します。また,本テーマの作品を京都市長賞に選定することもあります。
※ 団体賞は,10名以上の方から応募があった団体の中から選定します。
※ 中学生以下の方が入賞した場合の副賞は,金額相当分の図書カード又はトラフィカ京カードとします。
※ 入賞作品の展示期間中に利用できる,京都国際マンガミュージアム又は漢字ミュージアムの入場券(ペア)を贈呈する予定です。

皆さん、人権について親子で話していますか?

人権という言葉は、子どもと話すには難しいように感じますが、学校での話や、日々のニュース、日常の中に人権につながる出来事はたくさんありますよね。

また、人権についてのコンクールに参加することで、親子で話すきっかけになると思います。

時代の移り変わりにより人権課題は多種多様に変化しているように思いますが、結局のところ人間であることへの課題は昔から変わらないのではと思います。

小4娘に「人権って何かわかる?」って聞いたところ、「え?人件費?」との答え・・・

娘の国語辞典によると

「人権とは:人間が人間らしく生きるために、当然なこととしてみとめられている権利。自由や平等などの権利」

親子で人権について話してみてくださいね。このコンクールは、応募資格不問です。大人も子どもも一緒にチャレンジしてみましょう。

 

仮1




仮1




-コンクール

Copyright© おやこイベント.com  , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.